ログイン パスワード   新規登録  

アクセス解析
ブログ カレンダー
« « 2018 7月 » »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー

ニュースとブログ - 花になれ

花になれ

カテゴリ : 
管理者ブログ
執筆 : 
admin 2009-11-23 2:06


「お囃子の祭典」のサブタイトルは「花になれ、富士に集まる囃子の輪」なのだが、「花になれ」に込めた想いを冒頭の挨拶で紹介させて頂いた。

- 挨拶原稿より


「お囃子の祭典」にようこそいらっしゃいました。
多くの祭り囃子をお招きすることが出来ましたので今日は大いに楽しんでいって下さい。

近年、少子高齢化や若者の流出など、祭りには悩ましい問題も多く
「伝統芸能の保存継承」「後継者の育成」などと言うとなんだか重たい荷物を背負わされたような気がするものです。

一方、楽しいからこそ祭りは続いてきました。
嬉々として人が祭りを楽しむ姿はまさに「花」と言えるでしょう。
生き生きと「花」が輝けば人は皆憧れます。

楽しむことこそが祭り。
だから、みんなで「花」になりましょう。
楽しむことさえ忘れなければ、道はそこから開けます。

それでは、「お囃子の祭典」
開演です。


挨拶の短い時間では伝えられることも限られるが、言いたかったことはこんな事だ。

本来祭りは楽しむために行っているもの。
だからこそ長い間続いてきた。

しかし、それが押しつけられやらされているものだったら
大きな苦痛にもなる。役がはずれたらさっさと逃げ出すもの。

本来の楽しみを取り戻そう。
祭りを本当に嬉々として楽しんでいる人たちがいるはずだ。
思わずつられて顔がほころぶような。

それが祭りの「花」。
「花」を育てよう、「花」を増やそう、そして「花」になろう。
「花」が美しければ憧れとなり、「花」を目指す人が生まれる。

トラックバック

トラックバックpingアドレス トラックバックpin送信先urlを取得する
最新のエントリ
更新
最新のコメント
最新のトラックバック

Powered by XOOPS ◇ Theme designed by OCEAN-NET ◇ Copyright (c) 2004 All rights reserved.